おまとめローンの定義は特にありませんが、複数の消費者金融からのローンを一本化するためのローンです。限度額が一般的な消費者金融より高く利率も低めですが、その使途は既存の借金返済に限られており、かつ追加融資ができないというものも少なくありません。そのため、既存の借金を完済したいという意思を持っている人のためのローンと言えます。

総量規制の関係もあり、当初は銀行が主にこのおまとめローンを商品として企画していました。しかし、最近では既存の無担保融資などの一本化を目的としたローンであれば、総量規制を撤廃したローンの企画が可能になっています。そのため、主に信販会社系の消費者金融がおまとめローンを商品化しています。

おまとめローンに限らず、融資利率の決定はその融資金額に反比例しています。元本が大きければ、金融機関も効率的な貸付ができますし、貸付が大きくできるという事は信用があるという事も意味しているからです。そのため、おまとめローンを利用した場合、融資利率が低くなることが多いです。当然、毎月の返済額もいくつかの消費者金融に返済していた頃に比べると減少しますから、自分の生活が楽になったという事が実感できるはずです。

とはいえ、おまとめローンもいいことばかりではありません。従前から借金に依存して暮らしていた人は、追加の借金ができなくなることが多いです。そのような制限がなくてもおまとめローンの限度額は大きいため、追加で消費者金融から融資を受けようとしても事実上不可能です。そのため、借金を完済するという強い意志を持って臨まないとできないことも事実です。また、消費者金融によってはグレーゾーン金利での貸付をしていることもあります。この場合、過払金利息の決着をつけてからおまとめローンを申込まないと不利になってしまいます。

また、おまとめローンの多くは追加借り入れができないばかりか、他のカードローンをすべて解約することが契約条件になっていることが多いです。

つまり、今までの生活を見直さないと返済を継続することができません。

申込前にちょっとした覚悟が必要ですが、完済への道筋ができるという点では優れたローン商品だと言えるでしょう・