消費者金融のキャッシングはお金を借りられるハードルがとても低いのが大きなメリットです。銀行からお金を借りようというときには保証人や不動産などの担保が必要になってきますが、消費者金融のキャッシングでは担保も保証人も必要ありません。

そのため、消費者金融のキャッシングは初めてお金を借りたいと思っている人でも手軽に融資を受けることが可能です。しかし、お金を借りられるハードルが低い代わりに金利が高いのが消費者金融のキャッシングのネックとなる部分です。

消費者金融のキャッシングでは利息の計算は日割りで行われるので、返済を終えるまでの期間が長期になってしまうと必然的に利息の負担が増大してしまいます。また、利息が利息を生んでいくかたちになるので返済を終えるまでの期間が長ければ最終的な返済額も増えることになり、かなりの金額を消費者金融側に支払わなくてはなりません。

特にリボルビング払いをして返済をしていくとなると元金がなかなか減らずに返済期間が長期となってしまうことになります。そのため、消費者金融のキャッシングでお金を借りた際には手持ちの現金に余裕があるときに普段よりも多めの返済を心掛けるようにしましょう。