産後のケアで妊娠線を薄くする

医療機関で専門の治療を受けることもできる

肉割れや妊娠線のコンプレックスを解消するために生まれた、ボディケアブランド-ノコア / 肉割れの対策

医療機関では主にフラクショナルCo2レーザーや、ダーマローラーなど針やレーザーを皮膚にあてることで、あえて皮膚にダメージを与えて新しい皮膚に入れ替えるといった治療方法が利用されています。
この治療は主にニキビ跡の治療で用いられていますが、妊娠・出産後にできてしまう跡についても高い効果を得ることが可能です。
このダーマローラーは無数に針のついたローラーを指し、人の手を利用してコロコロと皮膚の上に転がすことでローラーについている針が皮膚に小さな穴を開けるので、その刺激が肌本来の再生能力を引き出して新しい皮膚に生まれ変わらせることができる仕組みです。

さてと、妊娠線予防クリームは何を買おうかな。

今使ってるのはドラッグストアで売ってるポンプタイプの安いやつなのですが、お腹も結構出てきたことだし、本格的なのが欲しいなと思ってます。

クラランスの高いのか、ノコアか、どっちにしようかな。

どっちも高いよね。

— ななみ@初マタ18w (@kkFKiytg5HwGvh3) January 20, 2021
他にもケミカルピーリングを治療に使用している医療機関もあり、肌の表面に薬を使用して溶かすことにより新陳代謝を促進させます。
何度も繰り返すことで、肌内部まで皮膚が活性化しハリと弾力のある状態に仕上がります。
どちらの治療も美容目的の治療のため保険適用外となりますし、治療時期は出産後体調が戻ってから医師と相談をして進めるようにしましょう。

産後に妊娠線に悩む人は多いが簡単には消えない産後のケアとしてクリームなどでマッサージすること医療機関で専門の治療を受けることもできる